〜村山知義展関連企画〜
「新・劇場の三科 1925→2012」@神奈川県立近代美術館 葉山
〜すべての僕が沸騰する〜 村山知義の宇宙
 20世紀の初めに生を享け、ベルリンでダダや構成主義などの新興芸術を吸収して1923年に帰国、まもなく「マヴォ(Mavo)」や「三科」といったグループの活動を通じて大正末期から昭和初期にかけて日本の近代美術に決定的な影響を与えた村山知義(1901-1977)。物体を貼り込んだ造形作品や、トランスジェンダーなダンスパフォーマンスなど、ジャンルを横断した目覚ましい活動は、同時代に多くの共感者を生み出しました。 
 本展は、1920年代に展開された美術の仕事を中心に、その時代背景を伝える国内外の作品・資料を参照しながら村山知義の宇宙的な多様性を紹介する、初めての大規模な個展です。
 2月11日より開催される展示期間中の3月3日(土)、 村山知義展関連企画として、「新・劇場の三科 1925→2012」を実施します。
http://www.moma.pref.kanagawa.jp/museum/exhibitions/2011/murayama/index.html
発売日 2月9日(木)10:00より
会場 神奈川県立近代美術館 葉山
公演日 2012年03月03日(土)18:00開演
出演 巻上公一(音楽家)、やなぎみわ(現代美術家)、フォルマント兄弟(作曲・思索ユニット)、酒井幸菜(振付家・ダンサー)
料金 3,000円(オール・スタンディング)100名限定
助成 公益財団法人 野村財団
制作協力 岩神六平事務所
神奈川県立近代美術館 葉山
JR横須賀線「逗子」駅前(3番のりば)又は、京浜急行「新逗子」駅前(南口2番のりば)から京浜急行バス「海岸回り(逗11、12系統)葉山一色」行き(所要時間約18分)に乗車し、「三ヶ丘・神奈川県立近代美術館前」で下車。
http://www.moma.pref.kanagawa.jp/hayama/access.html